本文へスキップ
-

退職者の生きがいと健康を支援するエイジレス連携事業


お問い合わせ:NPO法人みどりの風  ケアウィル研究会info@carewill.jp

ケアウィル講座とは


ケアウィル講座では、参加者が自分らしく、どう年を重ねていくかをしっかり考えます。
長年、多くの時間を過ごしてきた場所や役割が大きく変化する「退職」
この機会に、退職後のライフビジョンを計画しましょう。
専門家や同じ退職期にある方たちと一緒に第2の人生の準備をしませんか。

ケアウィル講座対象

59歳以上で退職5年前、退職5年後の期間にある男性

期間

場所

受講料


過去のケアウィル講座


2013年度講座
平成25年9月7日・9月14日・9月21日・10月21日(全4回)
退職後の自分らしい生き方のための「ケアウィル講座」


ちらし

2012年度講座
平成24年10月5日・10月12日・10月19日・10月26日・11月2日・11月30日(全6回)

退職後の自分らしい生き方のための「ケアウィル講座」


ちらし

2011年度講座
平成24年2月11日・2月18日・2月25日・3月3日(全4回)

退職後も自分らしい生活をするために今から始める「ケアウィル講座」



 職場という集団から離れた時には、不安や困ったことを遣り過ごすことのできる知恵を、協働して創造できる場があることが望ましいと考えます。
 そこで、ケアウィル講座では、個人の意志に委ねられている退職後の暮らしについて、参加者が協働で考える場を提供しています。
 ケアウィル講座では、次の4段階を通して、退職後の暮らしを支える知識を獲得し、柔軟で楽観的な効力感向上の体験をします。
1)カリキュラムに即した講義を受けます。
2)自身の生活に即した具体的なプランを可視化します。
3)クラスメイトとプラン発表を行い、他人のプランとプランに至る考え方や経験を共有します。
4)自分に置き換えて再考します。

            ケアウィル講座プログラム基本構成

ケアウィル講座カリキュラム

 ケアウィル講座カリキュラムの構成には、精神分析家のE.H.エリクソンや心理学者のアルバート・バンデューラを参考に、老年期にある人々の幸福や健康につながる要素を含めて作成しました。

【基本となる6要素】
1)退職期の発達課題に関連する情報の獲得
2)自立的・自律的生活の下支えとなる、健康に関する情報の獲得
3)自身の身体への回帰
4)自身の生活スタイルへの回帰
5)プランニングの方法および事例の獲得
6)相互伝達を通じた他者からの賞賛と他者への賞賛


ケアウィル・プログラム
問合せ先:NPO法人みどりの風
     ケアウィル研究会

CARE WILL